朝鮮王朝時代の三大悪女(張緑水、鄭蘭貞、張禧嬪)と呼ばれる女性たち、ほか

朝鮮王朝時代の三大悪女(張緑水、鄭蘭貞、張禧嬪)と呼ばれる女性たち、ほか

朝鮮王朝時代の三大悪女(張緑水、鄭蘭貞、張禧嬪)と呼ばれる女性たち、ほかの紹介です。

張緑水(チャン・ノクス)

妓生でありながら、燕山君の側室(淑媛)となり、愚行を先導したと言われています。

権力の乱用については、次のようなことが言われています。

・王宮内に妓生を呼び入れ、毎日、宴会三昧の日を送り、王家の財産が底につくほど散財させた。

・張緑水の実姉とその息子の身分を平民に引き上げ、姉の夫を咸鏡道伝香別監に任じさせた。

・王宮外に張緑水の私邸を作った。その際に近隣の民家を破壊。

・張緑水のチマを誤って踏んだ玉池花(ぎょく ちか、オク・チファ)という妓生が軍器寺(朝鮮語版)前で斬首された後、連芳院にて梟首(きょうしゅ、晒し首のこと)させた。

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)

朝鮮王第11代・中宗の第3王妃文定王后尹氏の姻族(文定王后の弟の・尹元衡の側女、後に正妻へ)であった女性。

後ろ盾になっていた文定大妃がなくなると、急に、前妻殺害の罪に問われ、義禁府に連行される前に服毒自殺を図った。

悪事の例

・朝鮮王朝実録によると、尹元衡の正妻は、鄭蘭貞によって毒殺され、鄭蘭貞が後妻になったと記されている。

・さらに、多くの男たちを惑わせ、仕えるべき相手である正妻を毒殺して後妻に納まり、朝鮮の身分制度を覆そうとした悪女、妖婦であるとも、朝鮮王朝実録に残されている。

韓国ドラマ「オクニョ」では、鄭蘭貞と尹元衡の悪事ぶりが描かれています。

文定大妃を支えるため、汚れ仕事をすべて引き受け、権力者にのし上がっていった様子や、高慢な人柄で、人々を苦しめたりします。(※ドラマは、史実に基づいたフィクションです。)

張禧嬪(チャン・ヒビン)

朝鮮王第20代景宗の生母。第19代国王粛宗の側室、また、中人(チュンイン、平民)出身の王妃でもある。

悪女と呼ばれる史実は、仁顕王后が病没すると、西人派は王妃の死は張氏が巫女を使って呪詛したためだと誣告。その結果、1701年11月9日、張氏は粛宗から賜薬により処刑された。

とあります。

呪詛だけで、”三大悪女”?

という気もしますね。

韓国ドラマ「トンイ」では、張禧嬪の兄や実母が、トンイと息子の延礽君(ヨニングン)を殺そうとしたり、仁顕王后が飲む薬に密かに健康を害する漢方薬を混ぜるなど、具体的に悪女のイメージを持てるような描かれ方をしています。(※ドラマは、史実に基づいたフィクションです。)

しかし、張禧嬪の記録を作った時代が、英祖(延礽君)の時代ということで、張禧嬪の悪女ぶりがどこまで真実なのかは不明だということです。

【三大悪女っぷりを描いた韓国ドラマ】

・韓国ドラマ「王妃チャン・ノクス -宮廷の陰謀-」(悪女:張緑水)

・韓国ドラマ「オクニョ」(悪女:鄭蘭貞)

・韓国ドラマ「トンイ」(悪女:張禧嬪)

燕山君・第10代王(廃位)

七日の王妃(実在の端敬王后慎氏を描いたドラマ)視聴した感想・動画配信・無料視聴体験・ドラマ情報

史実に残る中宗反正(宮廷クーデター)を描いた韓国ドラマ「七日の王妃」(主演:パク・ミニョン、ヨン・ウジン、イ・ドンゴン)を視聴した管理人本人の感想、出演キャストやあらすじ、見どころなどの番組情報、視聴率に関するもの、どこの動画配信サービスが、無料視聴体験などをお得に利用できるか?など、比較しながらご紹介しています。視聴した感想・動画配信・キャスト・無料視聴体験・ドラマ情報
文定王后(中宗の正室・明宗の生母)

韓国ドラマ「オクニョ」☆史実に残る文定大妃と先王の暗殺事件との関連とは?

朝鮮王朝第11代国王中宗の3番目の正室である文定王后には、仁宗を暗殺し、自身の息子である明宗を玉座に就け、自らが代理聴政を行ない、実弟夫妻とともに権力を振りかざしたという悪女的なイメージの強い王妃です。韓国ドラマでは、「オクニョ 運命の女」「宮廷女官 チャングムの誓い」「天命」などで、その権力欲が描かれています。
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました