「ユン食堂2」視聴した感想・パク・ソジュンの魅力が満開!韓国バラエティ番組(ネタバレ)

バラエティ番組

スポンサーリンク

ユン食堂2(バラエティ番組)ー番組情報

番組情報

【話数】全11話
【演出】ナ・ヨンソクPD、イ・ジンジュ
【出演】ユン・ヨジョン、イ・ソジン、チョン・ユミ、パク・ソジュン
【撮影場所】スペイン・テネリフェ島(ユン食堂の営業)、韓国(初回と最終回)
【制作】tvN 2018年
【最高視聴率】19.4%

※韓国では、地上波を含む全チャンネルで同時間帯1位にランキング!(10週連続1位)

※第5回では、全国世帯基準で平均視聴率16%、最高視聴率19.4%を記録し、tvN(ケーブルテレビ)の歴代バラエティ視聴率1位にランキング!

※スペイン・テネリフェ島は、パラダイスと呼ばれる島で、ヨーロッパ人の旅行者が多い。ユン食堂を訪れたほとんどのお客が韓国料理を食べたことが無く、

(春雨を見て)「ゼラチンで作った麺?」と考える人や、

「ビビンバを初めて食べた!」という人が多い中で営業に臨んだ。

果たして、成功できるのか?

この続きは、ネタバレな内容になりますので、すぐにでも、番組をご覧になりたい方は、

こちらから、初回31日間、無料視聴体験を利用して、全話見放題作品としてご覧になることができます。

U-NEXTで31日間の無料視聴体験で観たい!

スポンサーリンク

ユン食堂2ーパク・ソジュンの魅力・番組の見どころ(ネタバレ)

打ち合わせ&顔合わせで超緊張しているパク・ソジュン!

放送1回目では、前作「ユン食堂1」メンバーの3人とパク・ソジュン・ナ・ヨンソクPDが、韓国内での打ち合わせと、料理の練習、飛行機による移動中の様子などが放送されました。

大先輩らとナ・ヨンソクPDを前に、パク・ソジュンは緊張して、「英語はできるのか?」と質問されても、しどろもどろで返答する。

演技でなく、こんなに動揺したパク・ソジュンは、観ていて可愛い。

それを見たイ・ソジンが「韓国語も下手だな!」と、ツッコミも入れられるほどの緊張した様子が見られます。

飛行機内では、必死に接客用のスペイン語を覚える光景も見られるが、台本を覚えるように、現地に到着するまでに、完璧に覚えきる努力家な一面も公開されました。

イケメンと評判

お客のほとんどが韓国の情報に疎く、韓国料理は、初めて!

しかも、韓国のテレビ番組は、もちろん観たことが無い!

という環境で、韓国の大スターと言える「イ・ソジン」と「パク・ソジュン」がホールで接客をします。

二人とも身体を鍛え上げている肉体派俳優でもあるので、背は高く、筋肉もそれなりに凄い!

しかも、どちらもヒット作ドラマの”主演俳優”でもあることから、スターのオーラもひときわ目立つのか、

来客の女性ほとんどが、うっとり!♡

「韓国人って、みんなイケメンなのかしら~!」

と、口をそろえて言うほどなので、よほど、ナマで観ると、イケメンでオーラを放っているのでしょう。

「あなた、人気スターなの?」

と聞かれたパク・ソジュンは、一瞬はにかみ、「いいえ!」と、照れながら即答。

この食堂にいるメンバーの凄さを知れば、驚くでしょうに、ただの、美男美女の多い韓国というイメージで終わった人が多いのかも。

朝の日課:筋トレ

パク・ソジュンの朝の日課も放送されました。

みんなより少し早めに起きて、ビーチまでランニングや筋トレなどを欠かさない。

室内での着替えの場面では、割れた腹筋や、胸の厚い筋肉なども、チラッと映されました。

筋肉美を生かしたドラマや映画などにも出演する機会も多いので、この体型を維持するため、

海外と言えども、筋トレは休めないのでしょう。

日中もほとんどが立ちっぱなしなのに、若いからか、鍛えているからか、元気に力仕事を率先したり、走り回ったり、荷物持ちをしたり、観ていて気持ちのいい働きぶりの若者という印象があります。

ビールのグラス

力仕事だけでなく、全体的に几帳面な性格なのも、この番組を観て伝わってきました。

お客にビールを注文されると、ビール用のグラスを、一度空中で透明度を確認し、水垢の跡や曇っていないか?を確認している。

最初は、納得のいく美しいグラスが見つからず、あれこれ選んでいますが、一度選んだものを運びかけると、戻ってきて、グラスを乾いた布巾で綺麗に磨き直し、

お客のもとへ運ぶ姿がー。

次からは、空いた時間の中で、ピカピカに磨いておき、美しい輝きのグラスを常に運ぶ。

しかも、羨ましいことに、ビール瓶とグラスを持って行くと、パク・ソジュンがグラスにビールを注いでからその場を離れる丁寧な接客。

見惚れるほどのイケメンにビールを注いでもらい嬉しそうな女性客に、夫又は彼氏?も少しムッとした表情をすることも!

言葉が聞き取れない時のリアクション

第1回目の打ち合わせでも言っていた通り、少し英会話が苦手らしいパク・ソジュン。

自身でも聞き取ることはできるが、話すことが、苦手だと言っていた。

飛行機内でも、接客に必要なスペイン語を完全にマスターしていましたが、

接客していると、日常会話に発展することもありました。

ある時、お客が「この場所に店を開いてくれて嬉しい。ありがとう!」

などのような言葉をパク・ソジュンに話し掛けると、どうも聞き取れていないらしく、

一度は「は?」と聞き返した。

もう一度、言ってくれた同じ言葉に、接客には関係のない話しっぽく、でも意味が分からない・・・?

そんな時のパク・ソジュンのリアクションが、

ニッコリ 笑って、ただうなずくだけ。

すると、話しが通じたかのように、上手くその場を切り抜けた!

言葉が曖昧な時は、”笑顔でうなずく!” これが、パク・ソジュンのスタイルらしい。

また、近くに、イ・ソジンがいるときは、英語が達者なイ・ソジンがスッと入れ替わり対応に回る。

先輩俳優のさりげない気遣い(助け舟)に、パク・ソジュンは何度も救われていました。

優秀なバイト(パク・ソジュン)

ユン食堂では、ユン・ヨジョン(社長)、イ・ソジン(専務)、チョン・ユミ(課長)と、ユン食堂パート1の経験から、それぞれが肩書が昇進していますが、

パク・ソジュンは、初めてなので、肩書は、”バイト”。

しかし、ひとたび業務に就くと、初めてとは思えないほどの接客ぶりを披露する。

空いた時間があれば、から揚げの下ごしらえや、アイスクリームの丸い形を作り置きを用意したり。

指示されるわけでもないのに、自分から、どんどん効率を考えた仕事をしています。

パク・ソジュンいわく「僕は、仕事が早い。」

と言っていたのもうなずける様子でした。

特に、その能力を発揮したのは、開店して間もないころ、

お客がやってきた順番のテーブルごとに厨房でメニューを作っていたため、後から来た客は、30分以上待たされるケースが出たり、

イ・ソジンと二人で接客しているのに、同じお客の情報(オーダー)をお互いで共有されていなかったことで、注文にトラブルを起こしてしまいました。

そこで、それらを一挙に解決するシステムを、バイトのパク・ソジュンが仕切り始めます。

パク・ソジュンが、「僕が、お客の状態を見ながら作って欲しい順番を合算して書いておくので、その通りに作ってくれればいいです!」

おかげで、厨房は、効率よく料理を作れるようになり、その後の団体客で混乱を起こすことも、迷惑を掛けるお客が発生することもなく、満席時でも、すべてのお客に丁度良いタイミングで料理を出すことができるようになりました。

パク・ソジュンの仕切りが無ければ、団体客や満席時の接客は、かなり混乱していたでしょう。

過去に、バイト経験があるというパク・ソジュン。

さすが、見事な仕事ぶりでした。

次回作は、出世、間違いないかも??

チキンの開発

メインの料理は、韓国でプロに教わり、練習もして本番に臨みますが、そのメニューだけでは、営業8日間くらいの日程スケジュールの中で、お客を増やすことはできないので、

大学で経営学を専攻していたというイ・ソジンが、アイデアをいろいろ振り絞り、売り上げ増を目指すのも、この番組で出演者に与えられた使命にもなっています。

そこで、まず、新しいメニュー開発が始まります。

イ・ソジンが、周辺のお店を偵察に行き、どんなものが売れそうで、自分たちに出来そうかを考えます。

アメリカ滞在生活のあるイ・ソジンは、欧米の特徴や好まれるものもよく知っているので、調理法や見た目にもこだわることが多い。

「ユン食堂パート①」の時、チキンのから揚げが人気だったことを踏まえ、調理法(味)の違うチキンのから揚げを提案。

しかし、ユン・ヨジョンが、前回と同じようにチキンが上手く揚がらないと困っていると、

背後から、パク・ソジュンが、

「チキンのから揚げは、”(温度)190度15分”です。僕、チキンのから揚げ専門店でバイトしていたので、確かです!」

と、頼もしい声掛けをします。

打ち合わせ時は、先輩俳優を前に緊張してしどろもどろだったパク・ソジュンが、現場では、ハッキリ意見を言う!

という一面が垣間見えました。

用意したチキンが少し小さめなことから、9分で丁度良いことが分かりますが、パク・ソジュンのおかげで、スムーズなメニュー開発となりました。

巨大チヂミ事件

お客に出すチヂミは、本来10㎝くらいのタネを押し広げながら焼いていきますが、

午後3時過ぎ、お客が途切れ、お腹が空いたイ・ソジンは、厨房にいたパク・ソジュンとチョン・ユミに、

「客がいないから、チヂミを焼いて、みんなで食べよう!」

と指示します。

フライパンに、チヂミのタネを入れ始めたパク・ソジュンに、

「みんなで食べるから、もっと大きいやつを頼む!」

と、フライパンの直径ギリギリまでの巨大なチヂミを焼くことを指示して、ホールに戻りました。

こんな巨大なチヂミ、どうやってひっくり返せばいいのか?

悩んだパク・ソジュンは、フライパンを揺らし、まるで有名シェフみたいに、空中で巨大チヂミを反転して舞うお手並みを披露します。

きれいにひっくり返せて、安心している頃、ホールには、次のお客が、

「チヂミを下さい!」

とやってきていました。

来客に、慌てて戻ってきた大先輩のユン・ヨジョンが、巨大チヂミを見て驚きの声を上げます。

イ・ソジンの指示を知らずに声を荒げたユン・ヨジョンに、

パク・ソジュンは、ユン・ヨジョンが怒っているかもしれないと、おどおどと、

「お腹が空いて・・・」

と、”イ・ソジンの指示であるという次の言葉”を言えずに立ちすくんでいました。

すると、

「それならいいのよ!お客に出すのかと思ってびっくりしたから!」

と、怒らずに、お客用のスタンバイにすぐさま入りました。

後日、これについて、宿泊施設で、ユン・ヨジョンが先に寝室に戻り寝た後、残りの3人でくつろいでいるときに、チョン・ユミは、

「私は、イ・ソジンさんが恨めしいです。巨大チヂミ事件の真相を、ユン・ヨジョンさんに説明してくれると思っていたのに!」

と、不満を漏らし始めます。

パク・ソジュンも、ここぞとばかりに、

「ユン・ヨジョンさんは、今も、僕がお腹が空いて作っていたんだと信じ込んでいます。」

のっかて喋ると、イ・ソジンは、ただ爆笑して笑い飛ばしてしまいました。

しかし、イ・ソジンの立場を思い、名前を挙げなかったパク・ソジュンに好感を抱いた一つでもあるのでしょう。

巨大チヂミの真相よりも、

「パク・ソジュンは、仕事ぶりもいいし、若いけど大人な面もあって、あいつはいい~!!」

と、ユン・ヨジョンに褒めちぎってくれていました。

これが、イ・ソジンの優しさのスタイルなんでしょうね!

※見どころは、もっとたくさんありますが、演技でないパク・ソジュンの意外と可愛い・カッコイイ~と思った場面を一部挙げてみました。

スポンサーリンク

韓国バラエティ番組「ユン食堂2」動画視聴を楽しむには?

動画配信状況

以下で、視聴できます。

動画配信サービス月額利用料金お試し無料期間公式サイト
U-NEXT2,189円(税込)初回31日間無料詳細
paravi1,017円(税込)初回2週間無料詳細
FOD976円(税込)初回2週間無料
※キャリア決済を除き
詳細
dTV550円(税込)初回31日間無料詳細
TUTAYA宅配・TV2,659円(税込)初回30日間無料詳細
ご利用前の注意事項
※「お試し無料」というのは、月額利用料金のみで、各サイト内には、有料(課金ポイント、課金レンタル)作品があります。有料作品の視聴については、別途、料金が発生します。

※「お試し無料期間」が終了すると、自動的に有料に更新」されます。有料更新を希望されない場合は、無料期間中に、ご解約手続きをお済ませください。

※各有料動画配信サービスは、頻繁に様々なドラマや映画を、配信の追加・配信終了を行なっています。そのため、上記の作品について、現在、配信状況が変わっていることがあるかもしれません。

最新情報については、各動画配信サービスで、ご確認の上、ご利用されますようにお願い致します。管理人で最終確認をしたのは、2021年6月の現況になります。

【パク・ソジュン出演ドラマ情報・感想など】

彼女はキレイだった 韓国(全話)・日本(見逃し配信)の動画無料視聴や感想・キャスト・ドラマ情報
韓国ドラマ「彼女はキレイだった」(主演:パク・ソジュン、ファン・ジョンウム)と日本のリメイク版を視聴した管理人本人の感想、出演キャストやあらすじ、見どころなどの番組情報、視聴率に関するもの、どこの動画配信サービスが、無料視聴体験などをお得に利用できるか?など、比較しながらご紹介しています。
キム秘書はいったい、なぜ?感想・動画配信・無料視聴・キャスト・ドラマ情報
韓国ドラマ「キム秘書はいったい、なぜ?」(主演:パク・ソジュン、パク・ミニョン)を視聴した管理人本人の感想、出演キャストやあらすじ、見どころなどの番組情報、視聴率に関するもの、どこの動画配信サービスが、無料視聴体験などをお得に利用できるか?など、比較しながらご紹介しています。
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました