朝鮮王国の都を漢陽に遷都した理由は李成桂を苦しめた○○だった!?

イ・ソンゲ(太祖)初代王

高麗を亡国とし、李氏朝鮮が開国された後、当時、開城にあった都を、初代国王の李成桂(イ・ソンゲ)は、漢陽に遷都しました。

この遷都には、どんな意味があり、なぜ、行われたのでしょうか?

ある史実を基にした韓国歴史ドラマ「龍の涙」に、この遷都のせいで、”王の嫡子の長男が、李氏朝鮮の国王になれなくなった理由!”

として描かれた場面があります。

スポンサーリンク

李氏朝鮮の誕生

一つの国が滅び、新しい国が開国されるためには、そこには大きな犠牲が伴います。

高麗末期、民は搾取で瀕死の状態で、元(中国)に脅かされた高麗は、国王の権力も弱く、朝廷の最高権力者がすべてを牛耳っている状態でした。

多くの貧困の民が、この苦しみから逃れたい!

そんな気持ちを抱えていた時、一人の儒学者鄭道伝(チョン・ドジョン)が、新しい国を建て、民の幸せのための国を開きたい!

そんな夢を描いて、新しい国の国王として、李成桂(イ・ソンゲ)を選び、一緒に謀反を起こそうと近づきます。

李成桂(イ・ソンゲ)は、辺境を守る武将で、弓の名手でもありました。

辺境をしっかり守り抜き、そして、辺境で暮らす民にも信頼が厚く、誠実な人柄だったからです。

新しい国の国王は、民の信頼が無ければ意味がない。

その理想像に、まさにぴったりの人物だったのです。

しかも、いくら弱体化していても、高麗を潰すためには、王宮を守る軍を破れるほどの軍隊と将軍が必要なわけで、辺境で実践を伴って強く鍛え上げられていた李成桂(イ・ソンゲ)の軍は、この条件も満たしていたのです。

しかし、最初は、李成桂(イ・ソンゲ)は、乗り気ではなく、謀反は断っていましたが、5男の李芳遠(イ・バンウォン)だけは、この計画に魅かれていました。

李芳遠(イ・バンウォン)は、兄弟の中で、唯一、高麗朝の科挙に合格するほど、勉学にも優れた知識と能力を持っていました。

そのため、父親の李成桂(イ・ソンゲ)が王となれるように、鄭道伝(チョン・ドジョン)とともに、大きな活躍を成し遂げていきました。

高麗を潰すためには、多くの人たちを殺さなくてはならず、その仕事(暗殺や殺戮)も積極的に関わっていきました。

スポンサーリンク

罪の無い人の多くの殺戮と暗殺

王宮の占拠に成功した後は、王位を奪い、王昌と王禑、後に、恭譲王の3人の王を処刑。

高麗朝廷の高官で開国に反対するであろう者の殺傷簿を作り、深夜、高官たちを高麗王の名で王宮に呼び出して、殺傷簿に名前のある官僚を、次々と殺していきました。

その他にも、朝鮮王国の開国に伴い、高麗の王族と「”王(ワン)氏”という姓」(※王族の姓が”王”だったため)の人たちは、全員島流しにすると偽って船に乗せられ、途中、海の真ん中で船を沈め、皆殺しにもされました。

その数は、500人とも、それ以上とも言われています。

そのような大量殺戮に反対の意を唱える儒学者や、新王朝への出仕を拒否した同志が杜門洞に蟄居すると、集まった儒学者が住む村と多くの儒学者を火攻めにして、皆殺しにされました。

朝鮮王国という国を建てるために、罪のない多くの人たちが次々と犠牲になりました。

もともと人柄の良い李成桂(イ・ソンゲ)は、このような大量殺人を繰り返すたびに、苦しんでいた面もありましたが、その自分を責める気持ちからなのか、それとも、恨みが大きすぎたのか、

李成桂(イ・ソンゲ)が開城の王宮に初代王として入宮した後、宮殿において、悪霊に追われて気が休まらない・・・!

と、鄭道伝(チョン・ドジョン)に訴えました。

悪霊が毎晩、自分の枕元に出てくるので、この宮殿をすぐにでも出たい!

と言うのです。

この宮殿は、大量殺人により血で染められ、しかも、この宮殿の主たち王氏一族を海で大量に殺しているのです。

本当に、恨む魂もたくさん宮殿にいたかもしれせん。

実は、開城の都では、民にも恨みを買っていたため、生活面や科挙の実施にも悪影響が出ていたのでした。

そこで、鄭道伝(チョン・ドジョン)は、思い切って遷都をしましょう!

と、新しい都として、また風水的にも相応しい場所を急いで探しました。

それが、漢陽の都になります。

スポンサーリンク

漢陽の宮殿に問題点が浮上!

多くの僧も動員し、急いで宮殿を建築しました。

宮殿の建造に合わせ、都に移り住む人たちの住居なども建てていきますが、

ほとんど宮殿の建築が終わる頃、あることを指摘されました。

「風水的に、宮殿の建つ向きが良くない!」

とのことでした。高僧に、

「この入口の向きを変えないと、今後、長男が王になるのは難しい」とまで言われたのです。

しかし、李成桂(イ・ソンゲ)にも早く転居したいと急かされており、作り直すのは難しい!

と、そのままの状態で宮殿を使い、風水的な物を置くことで、その悪い運気をカバーすることにしたのです。

そして、念願の遷都!

新しい国=朝鮮王国の都「漢陽」が誕生しました。

朝鮮の君主在位期間と出生一覧

その後、1392年から1910年にかけて、518年朝鮮王国が続きましたが、26人の王のプロフィールを見てみると、

朝鮮王名姓・諱
(在位期間)
家系・不幸なエピソード
初代王太祖李成桂
(1393-1398)
※七男・八男と開国功臣を太宗に殺される
第2代王定宗李曔
(1399-1400)
次男
第3代王太宗李芳遠
(1401-1418)
五男
第4代王世宗李祹
(1418年-1450)
三男
第5代王文宗李珦
(1450-1452)
長男在位2年で病死)
第6代王端宗李弘暐
(1452-1455)
長男(在位4年で廃位、後に殺される
第7代王世祖李瑈
(1455-1468)
次男
第8代王睿宗李晄
(1468-1469)
次男(在位1年で病死)
第9代王成宗李娎
(1469-1494)
次男
第10代王燕山君李㦕
(1494-1506)
長男(在位12年で廃位、2カ月後亡くなる※廃位の詳細
第11代王中宗李懌
(1506-1545)
次男
第12代王仁宗李峼
(1545-1545)
長男在位8カ月、病死または暗殺死の疑い
第13代王明宗李峘
(1545-1567)
次男
第14代王宣祖李昖
(1567-1608)
庶子(中宗と側室の昌嬪安氏の三番目の息子・徳興大院君)の三男
第15代王光海君李琿
(1608-1623)
庶子の次男
第16代王仁祖李倧
(1623-1649)
宣祖の庶子・五男定遠君李琈(元宗)の長男(唯一、国王が清国に三跪九叩頭の礼によって、屈辱を受ける)
第17代王孝宗李淏
(1649-1659)
次男
第18代王顕宗李棩
(1659-1674)
長男(在位15年)
第19代王粛宗李焞
(1674-1720)
長男(在位46年)
第20代王景宗李昀
(1720-1724)
長男在位4年、病死または暗殺死の疑い
第21代王英祖李昑
(1724-1776)
次男
第22代王正祖李祘
(1776-1800)
父思悼世子の次男(父:世子時代に米櫃に入れられ餓死による処刑)
第23代王純祖李玜
(1800-1834)
庶子次男のため孝懿王后の養子になる
第24代王憲宗李烉
(1834-1849)
純祖の孫(孝明世子の長男)
第25代王哲宗李昪
(1849-1863)
正祖の異母弟と同時に庶弟・恩彦君庶子系の子孫
第26代王高宗李㷩
(1863-1897)
英祖の子・思悼世子の庶子三男恩信君の養子系の子孫、後に大韓帝国初代皇帝となる

※西暦は、在位期間。

と、ざっと見ただけでも、ほとんどの王が嫡子の長男ではないことが分かります。

しかも、26人の王のうち、嫡子の長男である顕宗と粛宗の2名を除いて、長男が王位に就いた場合、廃位させられたり、在位期間が非常に短く、暗殺疑惑の残る病死など、不幸な死を遂げてたりしていますね。

全体的に嫡子の長男が少ないのもひと目で分かります。これには、幼少時や世子のうちに亡くなってしまい、王位に就けなかった嫡子の長男が多数存在するからです。

これを見ると、風水の占いは、本当に的中するものなのだと、馬鹿にできなくなってきますね。

それとも、大量殺戮による恨みが末代まで続いたと見るべきなのでしょうか?

【この時代を描いたおすすめ動画・参考にしたドラマ・記事一覧】
・韓国ドラマ「龍の涙」
・韓国ドラマ「大風水」
・韓国ドラマ「鄭道伝」
・韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」
・Wikipedia(朝鮮の君主一覧)ーhttps://ja.wikipedia.org/wiki/朝鮮の君主一覧#李氏朝鮮
【現在、U-NEXTで31日間無料で視聴できる見放題作品のドラマ】
・韓国ドラマ「六龍が飛ぶ
※各リンク先に「各ドラマのページ」が表示されない場合は、すでに配信が終了しています。本ページの情報は令和3年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
【TUTAYA宅配DVDで30日間、旧作DVD借り放題で視聴できるドラマ】
・「龍の涙」(全159話)
・「大風水」(全35話)
・「鄭道伝」(全50話)
・「六龍が飛ぶ」(全65話)

\※宅配DVDが無料レンタルできる!(一部有料

TSUTAYA宅配公式サイト・初回入会から30日間無料お試し!

韓国歴史ドラマは、話数が多いので、定額料金で「新作・準作8本まで」「旧作は借り放題」で視聴できるのでお得!ですね♪

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました